ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. [1] 〘名〙 一定の事柄を継続、反復して行なう時、それを区切った一つのまとまり。「回を重ねる」※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「王の他船を借んことを請けるが、この回の利なきを以て信用せられず」[2] 〘接尾〙 数または順序に ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘自ラ四〙 ⇒もとおる(回)
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (動詞「もとおす(回)」の連用形の名詞化)① もとおすこと。めぐらすこと。② めぐり。まわり。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕※清原宣賢式目抄(1534)三二条「礼記には、辺邑と云は九州の外を云、縁はもとをし也」③ =もとおり(回) ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘他サ四〙 めぐらす。まわす。※古事記(712)中・歌謡「豊寿(とよほ)き 寿き母登本斯(モトホシ) 献り来し 御酒ぞ 残さず飲(を)せ ささ」
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〘自ハ四〙 (動詞「もとおる(回)」の未然形に反復・継続を表わす助動詞「ふ」が付いた「もとおらふ」の変化したもの) =もとおる(回)※古事記(712)中・歌謡「神風の 伊勢の海の 大石に 這ひ母登富呂布(モトホロフ) 細螺の い這ひ廻り 撃 ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. 大脳半球を形成している隆起.表層部のみならず,溝を作っている壁や下部に隠れた部分も含めた名称.
    栄養・生化学辞典
  7. ・曲

    〘名〙 山裾・川・海岸などのまがりくねったあたり。他の語の下に付けて用いることもある。「浦回(うらわ)」「川曲(かわわ)」など。※永久百首(1116)春「あはれしや焼野にもれし峯のわの村草がくれ雉なく也〈源顕仲〉」
    精選版 日本国語大辞典
  8. 廻・

    〘語素〙 (「みる(廻)」の連用形から) ぐるっと曲がったような地形をいう語。山裾や海・川、または里・道などの曲がりめぐっているような場所を呼ぶのにいう。「浦み」「隈み」「里み」「裾み」「島み」など。
    精選版 日本国語大辞典
  9. 廻・

    〘自マ上一〙 まがりめぐる。まわる。迂回(うかい)する。※古事記(712)上・歌謡「汝こそは 男にいませば うち微流(ミル) 島の埼々 かき微流(ミル) 磯の埼落ちず」[補注]活用は「古事記」の例文からみて、上一段とするほかないが、より古く ...
    精選版 日本国語大辞典
  10. ・廻

    〘自ラ五(四)〙① 物体が中心を軸として回転する。また、物が円の形を描いて動く。※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「若戸枢転(マハら)ずは、皮を著くること聴す」② 周囲にそって動く。※平家(13C前)七「此山は四方巖石であんなれば、搦 ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ