ここから本文です
  1. よいこと。めでたいこと。きつ。 ⇔ 凶 「占いは-と出た」
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① =きつ(吉)①⇔凶。〔文明本節用集(室町中)〕※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「凶は吉(キチ)にかへると申します」② =きつ(吉)②③ 役者評判記などに用いる役者の位付けの一つ。上上と上上吉との間に、「吉」の字を白抜きに ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① よいこと。めでたいこと。きち。⇔凶。※権記‐正暦四年(993)正月二八日「大饗日四位勧レ盃者、或不レ取二次酌一、或取レ之、取説吉也」 〔和玉篇(15C後)〕② めでたい時の衣服。吉服。きち。※栄花(1028‐92頃)根合「女房など ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 【吉】 [音] キチ ・キツ めでたい。 「《キチ》吉事きちじ(きつじ)・吉日きちじつ(きつじつ)・吉祥きちじよう(きつしよう)・吉瑞きちずい・吉夢きちむ(きつむ)・吉礼きちれい(きつれい)・吉例きちれい(きつれい)・小吉・大吉」 「《キツ ...
    大辞林 第三版
  5. 縁起がよいこと。めでたいこと。きつ。「吉か凶(きょう)かを占う」⇔凶。
    デジタル大辞泉
  6. [常用漢字] [音]キチ(呉) キツ(漢) [訓]よい〈キチ〉めでたい。運がよい。「吉日(きちじつ・きちにち)・吉例/小吉・大吉」〈キツ〉に同じ。「吉凶・吉相・吉兆・吉報/不吉」[名のり]さち・とみ・はじめ・よ・よし[難読]吉方(えほう)・ ...
    デジタル大辞泉
  7. ⇒きち
    デジタル大辞泉
  8. 吃・・喫・屹・拮・橘・詰

    【吉】 ⇒ きち〔吉〕 [漢] 【 吃▼ 】 [音] キツ ① すらすら話せないさま。 「吃音」 ② 食べる。「喫」に同じ。 ③ 受ける。感受する。 「吃驚・吃相」 【 屹▼ 】 [音] キツ そばだつ。そびえる。 「屹屹・屹然・屹立」 【 ...
    大辞林 第三版
  9. 良・善・好・・佳・宜

    〘形ク〙 ⇒よい(良)
    精選版 日本国語大辞典
  10. 良・善・好・・佳・宜

    〘形ク〙 よ・し 〘形ク〙 物事の本性、状態などが好ましく、満足すべきさまであるの意。「あし」「わるし」に対していう。古くは「よろし」よりも高い評価を表わす。くだけた口語表現では終止形・連体形が「いい」の形をとる。[一] (正邪・善悪の立場 ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ