ここから本文です
  1. 持続的開発目標

    ⇒持続可能な開発目標
    デジタル大辞泉
  2. 最大持続生産量

    生物資源を減少させず、持続的に得られる最大の収量。主にクジラ・魚類などの水産資源に関する漁獲基準の一。漁獲量と自然増との均衡がとれ、総量の減少無しに毎年漁獲可能な最大の量として定義される。持続可能最大収量。最大維持可能漁獲量。MSY(max ...
    デジタル大辞泉
  3. 地域環境権

    太陽光・風力・河川水・バイオマスなどの自然資源を地域の共有財産と捉え、これを再生可能エネルギーとして地域住民が優先的に利用する権利。長野県飯田市が平成25年(2013)に制定した「再生可能エネルギーの導入による持続可能な地域づくりに関する条 ...
    デジタル大辞泉
  4. 人口カバー率

    《service coverage ratio》携帯電話などの通信事業において、サービス利用可能地域の人口の合計が全人口に占める割合を、百分率で表した値。総務省の定義によれば、該当する市区の役所や町村の役場周辺で利用可能な場合、その地域全体 ...
    デジタル大辞泉
  5. リージョンフリー

    DVDやブルーレイディスクなどの映像ソフト、およびゲームソフトのうち、世界のどの地域でも利用可能なもの。利用地域を制限するリージョンコードを複数もたせることによって利用可能となっている。リージョンコードによらず利用可能な機器のこともリージョ ...
    デジタル大辞泉
  6. ポテンシャリティー

    潜在する力。可能性。潜在能力。
    デジタル大辞泉
  7. ポシビリティー

    ありうべきこと。可能性。
    デジタル大辞泉
  8. 成鳥

    成長して生殖が可能になった鳥。
    デジタル大辞泉
  9. 再生エネルギー

    「再生可能エネルギー」の略。再エネ。
    デジタル大辞泉
  10. 寝れる

    [動ラ下一]寝ることができる。下一段活用の「ね(寝)る」を可能動詞化したもの。「ねられる」(「ねる」の未然形「ね」+可能の助動詞「られる」)が本来の言い方。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ