ここから本文です
  1. ホライズンスキャニング

    将来、社会に大きな影響をもたらす可能性のある変化の兆候をいち早く捉えるために、利用可能な情報を体系的・継続的に収集・分析し、潜在的なリスクや可能性を把握する活動。
    デジタル大辞泉
  2. フィージビリティースタディー

    《フィージビリティーは「実現の可能性」の意》企業や組織体がある計画を作成し、実行に移そうとするとき、その実現の可能性を環境などの外的要因や内部的な資源・能力といった要因との関連で評価・検証すること。企業化調査。採算可能性調査。
    デジタル大辞泉
  3. 陶冶性

    〘名〙 (Bildsamkeit の訳語) 教育によって能力が発達する可能性。特に、幼少期は陶冶性があるといわれる。教育可能性。
    精選版 日本国語大辞典
  4. デュナミス

    アリストテレス哲学で、生成・発展を説明する重要概念。終局目的たる現実態(エネルゲイア)に先だつ可能的な段階。可能態。
    デジタル大辞泉
  5. 可不可

    よいことと悪いこと。可能なことと不可能なこと。
    デジタル大辞泉
  6. NOW勘定

    《negotiable order of withdrawal account》米国の譲渡可能貯蓄預金。小切手振り出しが可能な貯蓄預金。
    デジタル大辞泉
  7. RAS

    《reliability, availability, serviceability》コンピューターの能力評価の主要素。信頼度・利用可能度・保守可能度。
    デジタル大辞泉
  8. 通勤圏

    〘名〙 職場へ通勤することが可能な範囲。また、ある都市へ、車や列車を利用して通勤することが可能な居住範囲。
    精選版 日本国語大辞典
  9. スーパーイヤー

    世界の主要国で指導者が交代する可能性のある選挙が行われ、歴史の転換点となる可能性のある年。
    デジタル大辞泉
  10. ポシビリティー

    〘名〙 (possibility) 可能性。※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉四九「恋の可能(ポッシビリチイ)を持ってゐる若い男女」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ