ここから本文です
  1. 生命居住可能領域

    ⇒ハビタブルゾーン
    デジタル大辞泉
  2. 持続可能な開発目標

    2015年に達成期限を迎えるミレニアム開発目標の後継となる、環境と開発問題に関する新たな世界目標。2012年6月の国連持続可能な開発会議(リオ+20)で策定の開始が合意された。持続的開発目標。SDGs(エスディージーズ)(Sustainab ...
    デジタル大辞泉
  3. 持続可能最大収量

    ⇒最大持続生産量
    デジタル大辞泉
  4. 譲渡可能定期預金証書

    裏書などによって第三者に譲渡ができる定期預金。譲渡性預金。 NCD 。 CD 。
    大辞林 第三版
  5. 再生可能エネルギー

    自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・温度差・バイオマスなど)、大規模水力、波 ...
    デジタル大辞泉
  6. 国連持続可能な開発会議

    2012年にブラジルのリオデジャネイロで開催された環境と開発に関する国際会議。約120か国の首脳が集まり、経済成長と環境保全を両立させるグリーン経済などを提唱した。UNCSD(United Nations Conference on Sus ...
    デジタル大辞泉
  7. 再生可能エネルギー発電促進賦課金

    電気事業者が再生可能エネルギーによって発電された電気を買い取る費用として、電力利用者が負担する賦課金。電気料金の一部として徴収される。再エネ賦課金。
    デジタル大辞泉
  8. 最大維持可能漁獲量

    ⇒最大持続生産量
    デジタル大辞泉
  9. 可能犯罪

    推理小説などで、常識的な考え方では実行できないと思われる犯罪。密室殺人など。
    デジタル大辞泉
  10. 代替不可能

    他のものと置き換えられないこと。唯一無二のかけがえのない存在であること。交換不可能性。単独性。[補説]社会はそれを構成する個人が代替可能な役割を担うことで成立している。しかし、例えば親しい友人を亡くす経験をしたとき、他にもユニークな友人がい ...
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ