ここから本文です
  1. 期待可能

    犯罪行為の当時、行為者が適法行為をすることができたはずだと期待できること。期待可能性がなければ刑事責任はないという学説の根拠となる概念。
    デジタル大辞泉
  2. 予見可能

    危険な事態や被害が発生する可能性があることを事前に認識できたかどうか、ということ。重大な結果を予見できたにもかかわらず、危険を回避するための対応・配慮を怠った場合、過失を問われることがある。
    デジタル大辞泉
  3. 漁獲可能

    一定の海域における漁種別の年間漁獲量の上限。海洋生物資源保存のために定める。 TAC 。
    大辞林 第三版
  4. 期待可能

    〘法〙 行為の当時の状況において、適法な行為を行うことを行為者に期待できること。その有無・程度により、行為者に対する非難、ひいては刑事責任の有無・軽重が定まる。
    大辞林 第三版
  5. 持続可能な開発

    将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展をすすめようとする理念。1987年 WCED が提唱。維持可能な発展。サステイナブル-ディベロップメント。
    大辞林 第三版
  6. 再入可能

    ⇒リエントラント
    デジタル大辞泉
  7. 持続可能

    環境・社会・経済などが将来にわたって適切に維持・保全され、発展できること。サステイナビリティー。
    デジタル大辞泉
  8. 送信可能化権

    著作者が、インターネットなどを介して著作物を自動的に公衆に送信できる状態にする権利を専有すること。著作権法に規定されるもので、「送信可能化」とは、インターネット上のサーバーに著作物を置いてパソコンなどを使って閲覧・ダウンロードできる状態にす ...
    デジタル大辞泉
  9. 持続可能な発展

    ⇒サステイナブルデベロップメント
    デジタル大辞泉
  10. 可能

    [名・形動]できないこと。可能でないこと。また、そのさま。「不可能な冒険にあえていどむ」
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ