ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 可能

    自然科学の法則に逆らうことはおこりえないと考えている人は多い。このときには科学的可能性が問題になっているわけである。しかし科学の理論は変化するので、以前は科学的に不可能と思われていたことで可能になったこともある。たとえば、物質の変化の前後で ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 可能世界

    哲学・論理学用語。もともとは、ライプニッツがみずからの最善世界観を説明するために用いた概念。われわれが現実に生きているこの世界とは、いくつかの点で異なるが論理的には充分考えることができる、ほかの世界のことをいう。ライプニッツのいう可能世界と ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 期待可能

    刑法学上の用語で,行為の当時,行為者が適法行為をなし得たであろうと期待し得る可能性。この可能性のない場合は行為者の責任を追及できない。通常はだれをその立場に置いてもやはり同じ行動をとっただろうと思われる場合に期待可能性がないとされる。その犯 ...
    百科事典マイペディア
  4. 期待可能

    行為者が犯罪以外の行為(適法行為)を行うことを期待できる可能性。このような適法行為の期待可能性を、単に、期待可能性Zumutbarkeit(ドイツ語)という。刑事責任を問うためには、期待可能性が必要であり、今日では、責任能力などとともに責任 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 可能

    世界大百科事典 第2版
  6. 期待可能

    法律用語。犯罪行為時において行為者に適法行為を期待しうることをいう。期待可能性は,刑事責任の本質を法的あるいは道義的非難可能性に求める規範的責任論における中核的概念である。なぜなら,刑法とは,犯罪行為に対して刑罰という制裁を反対動機として告 ...
    世界大百科事典 第2版
  7. 計算可能

    計算可能性とは,自然数等の離散構造上の関数で具体的に計算できる関数を数学的に定式化した概念である。あらかじめ与えられた規則に従い,偶然や独創性によらず機械的に記号を処理することがあらゆる計算に共通の特徴である。そのため,計算可能な関数は,メ ...
    世界大百科事典 第2版
  8. 可能

    アリストテレスの使用した概念で,現実態 energeia; actualityと対をなす。彼は事物の生成をこの対概念によって説明し,事物は可能的存在から現実的存在へと発展すると考えた。たとえば木の種子は木の可能的存在にすぎないが,やがて木の ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  9. 微分可能

    世界大百科事典 第2版
  10. 交換可能

    世界大百科事典 第2版
本文はここまでです このページの先頭へ