ここから本文です
  1. 着れる

    [動ラ下一]着ることができる。上一段活用の「き(着)る」を可能動詞化したもの。「きられる」(「きる」の未然形+可能の助動詞「られる」)が本来の言い方。
    デジタル大辞泉
  2. 来れる

    [動ラ下一]来ることができる。カ行変格活用の「く(来)る」を可能動詞化したもの。「こられる」(「くる」の未然形+可能の助動詞「られる」)が本来の言い方。
    デジタル大辞泉
  3. 正則関数

    〘名〙 微分可能な複素関数。複素平面の一定の領域Dで定義された複素数値関数が、Dのすべての点で微分可能なとき、この関数は正則であるという。
    精選版 日本国語大辞典
  4. 寝れる

    [動ラ下一]寝ることができる。下一段活用の「ね(寝)る」を可能動詞化したもの。「ねられる」(「ねる」の未然形「ね」+可能の助動詞「られる」)が本来の言い方。
    デジタル大辞泉
  5. 見れる

    [動ラ下一]見ることができる。上一段活用の「み(見)る」を可能動詞化したもの。「みられる」(「みる」の未然形+可能の助動詞「られる」)が本来の言い方。
    デジタル大辞泉
  6. 勝(ち)味

    勝てる見込み。勝つ可能性。勝ち目。「勝ち味が薄い」
    デジタル大辞泉
  7. ハードカレンシー

    交換可能通貨。米ドル・ユーロ・円などをさす。
    デジタル大辞泉
  8. 陶冶性

    人間の性質が教育によって変えられる可能性。教育可能性。
    大辞林 第三版
  9. 多能工作機械

    1台で数種の異なった工作が可能な工作機械。
    デジタル大辞泉
  10. キャリアパス

    企業内での昇進・出世を可能とする職務経歴。昇進への早道。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ