ここから本文です
  1. 期待可能

    〘法〙 行為の当時の状況において、適法な行為を行うことを行為者に期待できること。その有無・程度により、行為者に対する非難、ひいては刑事責任の有無・軽重が定まる。
    大辞林 第三版
  2. 持続可能な開発

    将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展をすすめようとする理念。1987年 WCED が提唱。維持可能な発展。サステイナブル━ディベロップメント。
    大辞林 第三版
  3. 持続可能

    環境・社会・経済などが将来にわたって適切に維持・保全され、発展できること。サステイナビリティー。
    デジタル大辞泉
  4. 再入可能

    ⇒リエントラント
    デジタル大辞泉
  5. 可能

    〘名〙 (形動) できないこと。可能でないこと。また、そのさま。※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「人為的逆上は不可能の事となって居る」
    精選版 日本国語大辞典
  6. 送信可能化権

    著作者が、インターネットなどを介して著作物を自動的に公衆に送信できる状態にする権利を専有すること。著作権法に規定されるもので、「送信可能化」とは、インターネット上のサーバーに著作物を置いてパソコンなどを使って閲覧・ダウンロードできる状態にす ...
    デジタル大辞泉
  7. 可能

    [名・形動]できないこと。可能でないこと。また、そのさま。「不可能な冒険にあえていどむ」
    デジタル大辞泉
  8. 可能

    ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 可能でないこと。できないこと。また、そのさま。 ⇔ 可能 「実現は-だ」 「 -な計画」 「 -に挑戦する」 [派生] -さ ( 名 )
    大辞林 第三版
  9. 持続可能な発展

    ⇒サステイナブルデベロップメント
    デジタル大辞泉
  10. 接続可能

    ⇒プラガビリティー
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ