ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. ① あぶないこと。危険。 「仮令たとい如何ばかりの-を犯し/日光山の奥 花袋」 ② 二十八宿の一。北方の星宿。危宿。うみやめぼし。
    大辞林 第三版
  2. [1] 〘名〙① あぶないこと。あやぶむこと。※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉三「危を蹈み険を冒すの事業にして」② 危険物の略号。爆発物や引火性の強い薬品などを積載する車に漢字でつけられる。[2] 二十八宿の北方第五宿。みずがめ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〔「あやぶ」とも〕 暦注の十二直の一。伐木・酒造りなどに吉、旅行・登山などに凶という日。
    大辞林 第三版
  4. 1 あやういこと。あぶないこと。「―を踏み険を冒すの事業にして」〈田口・日本開化小史〉2 「危険物」の略号。3 二十八宿の一。北方の第五宿。水瓶(みずがめ)座のα(アルファ)星など三星をさす。うみやめぼし。危宿。
    デジタル大辞泉
  5. [音]キ(慣) [訓]あぶない あやうい あやぶむ[学習漢字]6年1 あぶない。あやうい。「危機・危急・危険・危地・危篤・危難/安危」2 あやぶむ。「危惧(きぐ)」3 害する。そこなう。「危害」4 すっくと高く立つ。「危坐(きざ)・危峰」
    デジタル大辞泉
  6. [1] (形容詞「あぶない」の語幹) あぶないこと。※平家(13C前)八「あぶなながら年暮れて、寿永も三とせになりにけり」[2] 〘名〙 「あぶなえ(危絵)」の略。※随筆・嬉遊笑覧(1830)六「あやふや人形〈略〉明和安永頃女画に股など出し ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. 〘副〙① 少しでも状況が違っていたら。もう少しで。まかりまちがえば。すんでのことに。あやうく。※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「あぶなく私も留守の言解(いひわけ)に、まごつく処でございましたは」② あぶなかったが、やっと。やっと ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘名〙 (形容詞「あやうい」の語幹から) 近世、民間の「かな暦」の中段にしるされ、日々の吉凶を示した一二の言葉の一つ。その月の干支(えと)より八つ目の日で、家作、婚礼、祭典、酒造、種まきに吉、登山、渡海に凶という。あやぶ。あやうにち。※仮名 ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘副〙 (形容詞「あやうい」の連用形から)① 少しでも状況が違っていたら、もう少しで。まかりまちがえば。すんでのことで。※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)初「既に危(アヤフ)く組敷くを、潜(くぐ)り抜けつつ」※普賢(1936)〈石 ...
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘他マ下二〙 ⇒あやめる(危)
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ