ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 剣道

    〘名〙① =けんじゅつ(剣術)①〔改正増補和英語林集成(1886)〕② 特に、運動競技の一つとしての剣術をいう。防具を身につけ竹刀を使ってする競技。※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉軍事教育「剣道、柔道、水泳等にもそれぞれ専門家を ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 剣道

    今日の剣道は、日本古来の武術の一つとして操刀の技法「太刀打ち(たちうち)」を中心に発展してきた剣術に基づいている。[渡邉一郎・中村民雄]歴史流派剣術以前剣術は、すでに『日本書紀』に「撃刀」(たちかき)として表れるが、奈良時代には撃剣、撃刀と ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 剣道

    日本に生まれ,日本で独自の発展をしながら受け継がれてきた伝統的な運動文化。技法的な源流は,いうまでもなく刀剣で相手と戦う戦技であるが,戦技としての実用性を離れ,修養,護身,芸能,体育,スポーツなど,広範な目的や形態をもつ文化として発展,普及 ...
    世界大百科事典 第2版
  4. 剣道

    防具を着けて相対した競技者が,竹刀 (しない) で定められた部位を打突し合って勝敗を競う格技の一種。元来は刀剣による戦闘技を錬磨する剣術であり,室町時代にめざましい発展をとげ,多くの流派を生んだ。江戸時代には武士階級の表芸となり,明治維新後 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  5. 剣道

    〘名〙 剣道に用いる竹刀や、面、胴、小手、垂れなどの防具。江戸時代中期、正徳~宝暦年間(一七一一‐六四)、直心影流(じきしんかげりゅう)の長沼四郎左衛門や一刀流の中西忠蔵などが考案した。
    精選版 日本国語大辞典
  6. 剣道試合

    世界大百科事典 第2版
  7. 剣道段位

    世界大百科事典 第2版
  8. 剣道

    古くは剣術,撃剣(げっけん)とも。もと武術の一つとして,刀剣を用いて自己を守り敵を攻撃する技を練磨する道をいった。剣術は室町末期ころから発達して体系化され,源流として陰流,神道流,中条流,念流などが生まれ,以後200余に及ぶ諸派が出た。江戸 ...
    百科事典マイペディア
  9. 剣道日本

    スキージャーナル株式会社が発行するスポーツ誌。剣道に関する情報を紹介。毎月25日発売。
    デジタル大辞泉プラス
  10. 剣道少女

    日本のテレビドラマ。1995年11月、フジテレビにて放映。1994年、第7回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した大間茜の脚本の映像化作品。出演:堀江奈々、金子賢、深水三章ほか。
    デジタル大辞泉プラス
本文はここまでです このページの先頭へ