ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘語素〙① 一対のものが、同類である、または同じ状態である意を表わす。「とも裏」「とも働き」「とも白髪」など。② 複数のものを表わす名詞に付いて、それが全部いっしょの状態であることを示す。「二人とも」「男女とも」など。③ 従となるものを表わ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘接尾〙① 名詞・代名詞に付いて、そのものを含めて、同類の物事が数多くあることを示すが、必ずしも多数とは限らないで、同類のものの一、二をさしてもいう。人を表わす場合は「たち」に比べて敬意が低く、目下、または軽蔑すべき者たちの意を含めて用いる ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 名詞または代名詞に、格助詞「の」「が」の付いた形に接続して、「…とともに」「…のままに」の意の副詞句を構成する。※万葉(8C後)二・一三一「浪の共(むた) 彼寄り此(かく)寄る 玉藻なす 寄り寝し妹を」
    精選版 日本国語大辞典
  4. 友・朋・伴・部・侶・

    〘名〙[一] 同じ仲間の人々。ともがら。① (多く、連体修飾語を受けて) その仲間である人をさしていう。(イ) ある同質の人々の集団。連中。※万葉(8C後)一・五三「藤原の大宮仕へ生(あ)れつくや処女(をとめ)が友(とも)は羨(とも)しきろ ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ