ここから本文です
  1. ① 〘数〙 ㋐ 方程式の未知数の個数。 ㋑ 〔element〕 集合の要素。 ② 中国の貨幣単位の一。一元は一〇角。
    大辞林 第三版
  2. 中国の王朝(1271~1368)。フビライ(世祖)が建国。都は大都(北京)。1279年、南宋を滅ぼし、中国本土を中心にモンゴル・チベットを領有、高麗を服属させ、モンゴル至上主義の原則に立つ専制官僚支配を行う。紅巾こうきんの乱を契機に、漢族の ...
    大辞林 第三版
  3. [1] 〘名〙① 物事の根本、はじめ。もと。※制度通(1724)一「元とは天子元士の元のごとくはじめと云ことなり」 〔易経‐乾卦〕② 首。頭。また、君主、元首。※古事記(712)序「潜龍元(げん)を体し、雷(せんらい)期に応じき」 〔広雅‐ ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘名〙① (「がんきん(元金)」の略から) 勘定。金高。また、もうけ、利潤などをいう上方の語。② 以前遊里で放蕩した人の異称。※浮世草子・新吉原常々草(1689)下「元(グハン)といふは前にも注するごとく元(もと)此里の沙汰功者(かうしゃ) ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 中国の王朝の一。モンゴル帝国第5代の皇帝フビライが1271年に建国。首都は大都(北京)。のち南宋を滅ぼして中国を統一。高麗(こうらい)・安南・タイ・ビルマなどをも従えて、大帝国を築いたが、1368年、明の太祖朱元璋(しゅげんしょう)に滅ぼさ ...
    デジタル大辞泉
  6. [音]ゲン(漢) ガン(グヮン)(呉) [訓]もと はじめ[学習漢字]2年〈ゲン〉1 物事のもと。根本。「元気・元素/還元・根元・復元」2 はじめ。「元始」3 頭部。「元服/黎元(れいげん)」4 第一の人。かしら。「元首・元帥・元老」5 大 ...
    デジタル大辞泉
  7. ⇒げん
    デジタル大辞泉
  8. 《〈中国語〉》⇒げん(元)2
    デジタル大辞泉
  9. 1 数学で、㋐方程式の未知数の数。「二元方程式」㋑集合をつくっている一つ一つのもの。要素。2 《yuan》中華人民共和国の通貨単位。1元は10角(かく)。人民元。ユアン。記号¥。
    デジタル大辞泉
  10. ・旧

    〔「もと(本)」と同源〕 以前。昔。副詞的、または連体詞的にも用いる。 「 -からの付き合い」 「 -へ戻る」 「二人は-同じ職場にいた」 「 -検事」 [句項目] 元の鞘に収まる ・ 元の木阿弥
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ