ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙① (「がんきん(元金)」の略から) 勘定。金高。また、もうけ、利潤などをいう上方の語。② 以前遊里で放蕩した人の異称。※浮世草子・新吉原常々草(1689)下「元(グハン)といふは前にも注するごとく元(もと)此里の沙汰功者(かうしゃ) ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① 物事の根本、はじめ。もと。※制度通(1724)一「元とは天子元士の元のごとくはじめと云ことなり」 〔易経‐乾卦〕② 首。頭。また、君主、元首。※古事記(712)序「潜龍元(げん)を体し、雷(せんらい)期に応じき」 〔広雅‐ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 中国大陸,台湾,香港に流通する銀行券の基本単位。ただしそれぞれの地域によりその基礎が同一でないことはもちろんである。歴史的には銅を通貨用に円(円)く鋳造したことから銅円という言葉が生まれ,円が貨幣単位として使われるようになった。元は円と中国 ...
    世界大百科事典 第2版
  4. 中国を支配したモンゴル民族の王朝。1260‐1368年。国号の元は1271年(至元8)に《易経》の乾の〈大いなるかな乾元,万物資始す〉に基づき,定められた。【政治】 1205年アルタイ地方に拠る強敵ナイマン部の撃滅をもって完結した太祖チンギ ...
    世界大百科事典 第2版
  5. ある集合を作っているおのおののものを,その集合の元,または要素という。例えば,実数全部の集合Rについては,各実数がその元(要素)であり,自然数全体の集合Nについては,1,2,3,……がその元である。aが集合Mの元であることを表すのにはa∈M ...
    世界大百科事典 第2版
  6. (和歌山県紀の川市)「美しい日本のむら景観100選」指定の観光名所。
    事典・日本の観光資源
  7. 中華人民共和国の法定通貨である人民幣の略称および単位。人民元ともよばれ、RMB(人民幣の原語読みrenminbiの略号)または¥(元の原字は圓=円、中国語の発音はユアンyuan)の記号で表記される。1元=10角=100分と定められている。た ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  8. 中国の王朝(1271~1368)。モンゴルが金(きん)と南宋(なんそう)を滅ぼし、異民族として初めて中国全土を支配した、いわゆる征服王朝である。元(大元)という国号は、『易経(えききょう)』の「大なるかな乾元(かんげん)」に基づく。[竺沙雅 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  9. 数学用語。要素,元素ともいう。集合をつくっている個々の対象をいう。 aが集合 Mの元であることを表わすのに,記号 a∈Mを用い,aは Mに属すると読む。要素という表現は,行列や行列式にも用いられる。行列あるいは行列の要素 (成分) とは,そ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  10. モンゴル人が中国を征服して建てた王朝 (1271~1368) 。モンゴル帝国第4代皇帝モンケ (憲宗) の死後,帝位継承争いのなかから中統1 (1260) 年世祖フビライ・ハンが即位し,大都に遷都。至元8 (71) 年国号を大元とし,南宋を ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
本文はここまでです このページの先頭へ