ここから本文です
  1. 〘仏〙 実体がないこと。また、そういうもの。 → 虚仮こけ ・仮諦けたい
    大辞林 第三版
  2. 〔「借り」と同源〕 ① 正式なものに代えて、間に合わせに行う物事。 「 -免許」 「 -祝言」 ② 本当のもの、本来のものでないこと。 「 -の名前」 「 -の姿」 → 仮に
    大辞林 第三版
  3. 〘名〙① (prajñāpti upacāra の訳語。実体のない仮(かり)のものであることの意) 仮であること。虚妄であること。また、そういうもの。権と同義で、方便の意にも用いる。→虚仮(こけ)・仮諦(けたい)。※真如観(鎌倉初)「此百界 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘名〙 (形動)① ほんの一時的に、それときめること。永久ではないさま。まにあわせ。かりそめ。一時。臨時。→仮に。※万葉(8C後)一一・二七五六「月草の借(かり)なる命にある人をいかに知りてか後も逢はむといふ」※徒然草(1331頃)八「匂ひ ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 仏語。実体のないこと。名称のみであること。
    デジタル大辞泉
  6. 《「借り」と同語源》1 間に合わせであること。「仮の住まい」「仮の措置」「仮調印」2 本当のもの、本来のものではないこと。「仮の親」「仮の姿」3 仮定すること。「これは仮の話だが」→仮に
    デジタル大辞泉
  7. 〘他サ四〙① 仮(かり)にあたえる。労力、能力、時間などを仮に人に提供する。貸す。※応永本論語抄(1420)述而第七「我に、数年を、天が仮してまちっと久く生て」※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「我輩一臂の力を仮しても宜しい」② 見逃 ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 暇・

    〘名〙① 令制で、官人に給与された休暇のこと。在京の諸司に六日ごとに一日給された定期的な休暇や、農繁期の五月、八月に一五日与えられた田暇、畿外に父母がいる者に与えられた定省暇、血縁者の喪や改葬に当たって与えられた休暇、地方官の任がきれた時の ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〔假〕

    [音]カ(漢) ケ(呉) [訓]かり[学習漢字]5年〈カ〉1 本物・本式ではなく一時的な間に合わせ。一時的な見せかけ。「仮称・仮性・仮説・仮題・仮定・仮名・仮面」2 一時的に。「仮寓(かぐう)・仮設・仮泊・仮眠」3 かりる。「仮借(かしゃ) ...
    デジタル大辞泉
  10. 化//花/家/華

    〈化〉⇒か〈仮〉⇒か〈花〉⇒か〈家〉⇒か〈華〉⇒か
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ