ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘語素〙 他の語に付いて、ひと(人)の意を表わす。連濁で「ど」ともなる。「たびと(旅人)」「ぬすっと(盗人)」「はやと(隼人)」「すけっと(助人)」「あずまと(東人)」など。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘接尾〙 和語の数詞に付いて、人を数えるのに用いる。「みたり」「よたり」「いくたり」など。[語誌]「ふたり」の場合は、「ひとり」とともに、数詞の語幹に接尾語「り」が付いたものとするのがふつうだが、「ふ‐たり」とする説もある。なお五人を意味す ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙[一]① 生物中の一類としての人間。下肢で直立歩行し、上肢は手の機能を果たすようになり、地上生活を営み、道具を使用し、さらに大脳の著しい発達によって、言語、思考、理性の能力、また文化的創造の能力を有するに至ったもの。人間。生物学上は、 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. [1] 〘名〙 ひと。ひとがら。じん。※往生要集(984‐985)大文四「我見、人見、衆生見者、多堕二邪見一」※落語・化物娘(1893)〈禽語楼小さん〉「大抵己(おのれ)の人(ニン)に無い、柄に無い事は頓と出来ません」[2] 〘接尾〙 人数 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〘接尾〙 人を数えるのに用いる。和語の数詞に付くが、「ひとり」「ふたり」の場合だけであって、三人以上は「みたり」「よたり」など「たり」の形を用いる。[補注]「ふたり」の場合は「ふ」に「たり」の付いたものとする説もある。
    精選版 日本国語大辞典
  6. 法的な権利義務の帰属主体を、人あるいは法的人格という。それは、法的に構成された概念であって、生きている人間個人とは区別されなければならない。権利義務の帰属主体には自然人と法人とがある。 自然人とは、いわゆる人間であり、近代法ではすべての自然 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  7. 動物の1種としてのヒトについては〈人類〉の項,ヒトの身体については〈からだ〉の項をそれぞれ参照されたい。そのほか〈人間学〉〈人間科学〉などの項も参照。ここでは法律上の〈人〉について記述する。 法律上の,人とは広義には自然人natürlich ...
    世界大百科事典 第2版
  8. 刑部

    1906-1978 昭和時代の洋画家。明治39年5月5日生まれ。はじめ川端竜子に日本画を,東京美術学校(現東京芸大)在学中は和田英作,金山平三に洋画をまなんだ。昭和21年「冬の軽井沢」が日展特選。43年日展会員。おもに日本各地の風景画をえが ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  9. 巨勢

    ?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。巨勢大海(おおあま)の子。天智(てんじ)天皇10年(671)御史大夫(ぎょしたいふ)となる。同年左大臣蘇我赤兄(そがの-あかえ),右大臣中臣金(なかとみの-かね)らとともに重病の天皇の前で大友皇子(弘文天皇 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
本文はここまでです このページの先頭へ