ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 易の六十四卦の一つ。、上卦は震(雷)、下卦は坤(地)。雷地予ともいう。「予」はよろこぶ意。上にある者が動いてことを行ない、下民がこれに悦び従うさま。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘副〙① 前々から。前もって。かねて。※書紀(720)応神四〇年正月(北野本訓)「時に大鷦鷯尊、預(アラカシメ)天皇の色(みおもへり)を察(さと)りて」※万葉(8C後)四・五五六「筑紫船いまだも来ねば予(あらかじめ)荒(あら)ぶる君を見るが ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 余・

    ( 代 ) 一人称。われ。わたくし。やや尊大な、または、改まった言い方として男子が用いる。 「 -の説くところをよく理解せよ」
    大辞林 第三版
  4. 余・

    〘代名〙 自称。われ。おのれ。自分。平安時代から男子が用い、明治以降も改まった、あるいはやや尊大な表現として用いられた。※九暦‐九暦抄・天暦元年(947)正月二日「予拝礼間、主人答拝、王卿皆立退、数盃後、主人卿・中務卿・予同車参朱雀院」※京 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 余/

    [代]一人称の人代名詞。わたくし。われ。現代では改まった文章や演説などで用いる。「―が執らんとする倫理学説の立脚地を」〈西田・善の研究〉
    デジタル大辞泉
  6. 〔豫〕

    [音]ヨ(呉)(漢) [訓]あらかじめ かねて われ[学習漢字]3年1 あらかじめ。前もって。「予価・予感・予言・予告・予算・予選・予想・予測・予断・予知・予定・予備・予防・予約」2 心がゆったりする。心地よくなる。「不予」3 ぐずぐずする ...
    デジタル大辞泉
  7. 与・・余・與・誉・譽・豫・輿・預・餘

    【与(與)】 [音] ヨ ① あたえる。 「与奪・給与・授与・賞与・譲与・贈与・貸与・天与・付与」 ② くみする。味方になる。 「与国・与党」 ③ あずかる。関係する。 「関与・参与」 【予(豫)】 [音] ヨ ① まえもって。あらかじめ。 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ