ここから本文です
  1. ① 先端のとがった、鉄・竹・木などの細い棒。魚介・肉・野菜・だんごなどを刺してあぶったり干したりするのに使う。 「 -刺し」 「 -焼き」 ② 蠟燭ろうそくのしん。 「ちやくちやくと取れ蠟燭の-/犬子集」 ③ 玉串。 「其の御幣の-に書き付 ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① 竹または鉄などで、箸のように細長く先をとがらせて作ったもの。魚肉、獣肉、野菜などを貫き通して、あぶったり干したりするのに用いる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕※太平記(14C後)一〇「串(クシ)指したる魚肉の如く」② 細長くて、 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 《「櫛(くし)」と同語源》1 魚貝・獣肉・野菜などを刺し通して焼いたり干したりするのに用いる、先のとがった竹や鉄などの細長い棒。「串を打つ」「串を刺す」2 細長くて、物を貫き通すのに用いるもの。「その御幣の―に書き付けて奉りたりける」〈今昔 ...
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ