ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 重さの単位。特に、金銀などの重さの単位。一両は二四銖(しゅ)、一斤の一六分の一。りょう。※書紀(720)推古一三年四月(岩崎本訓)「黄金三百両(コロ)を貢上る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① 重さの単位の名称。(イ) 令制における二四銖(しゅ)の重さの名称。日本古代の称量(しょうりょう)の制は、唐の制を踏襲したもので、中くらいの大きさの黍(きび)一〇〇粒の重さを基準としてこれを一銖とし、二四銖を両とし、一六両を ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「両」の唐宋音)① 数の二。特に、拳(けん)でいう。りゃんこ。りゃんな。りゃんや。※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「『でまいろう。なんでもまけたものが、おぶってわたるのだがよしか』〈略〉『りゃん、ごうさいごうさい』」② ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 江戸時代の金貨の価の名称。もとは中国唐代の制度に倣ったわが国の令(りょう)制で定めた量目(りょうめ)の単位で、尺貫法でいう1斤(きん)の16分の1、10匁に相当した。中世以後は、おもに金などの貴重品の重さの単位となり、それとともに量目は5匁 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 1891年に制定された度量衡法によって尺貫法が確立される以前に用いられた質量の単位。古代中国の単位に由来し,銖‐分‐両‐斤(銖は中位の秬黍(くろきび)100粒の重さ,分=6銖,両=4分,斤=16両)の系列をなし,唐の開元通宝の目方に等しい匁 ...
    世界大百科事典 第2版
  6. (1) 量目の単位。令の規定では,1両を 16分の1斤=24銖 (約 16g) としている。 (2) 薬種の量目の単位。1両は4匁。 (3) 室町時代の金銀の量目の単位。金1両=4匁5分,銀1両=4匁3分。 (4) 江戸時代の金貨の単位。1 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  7. (1)度量衡法制定(1891年(明治24年))以前に用いられた質量単位。元来は古代中国で用いられたもので,日本では大宝令で1両=24銖(しゅ)=116斤と規定。鎌倉後期以後は京目(金1両=4匁5分)と種々雑多な田舎目が用いられた。薬種では通 ...
    百科事典マイペディア
本文はここまでです このページの先頭へ