ここから本文です
  1. 二の糸

    三味線の第2の弦。一の糸よりも細く、三の糸よりも太い。
    デジタル大辞泉
  2. 此の中

    このごろ。ちかごろ。「あすこなら―儂(わたし)も行きます」〈緑雨・門三味線〉
    デジタル大辞泉
  3. 破れ目

    やぶれた箇所。やぶれめ。「友垣の中の―直りて」〈緑雨・門三味線〉
    デジタル大辞泉
  4. 琉球組

    三味線組歌の最古の曲。本手組に属する。石村検校の作曲という。
    デジタル大辞泉
  5. 糸捌き

    1 糸の取り扱い方。2 琴や三味線などの弾き方。「巧みな糸捌き」
    デジタル大辞泉
  6. 気気

    人それぞれの気質・気持ち。「互いの―もすむとおぼしく」〈緑雨・門三味線〉
    デジタル大辞泉
  7. 紙駒

    《「かみこま」とも》三味線の音を小さくするために使う紙製の駒。
    デジタル大辞泉
  8. ぺんぺん

    一 ( 副 ) 三味線の鳴る音を表す語。 「 -(と)三味線をかき鳴らす」 二 ( 名 ) 三味線のこと。 [句項目] ぺんぺん草が生える
    大辞林 第三版
  9. 畳まり

    積もりに積もること。「宿賃(やちん)の―の算用をなされぬ」〈浮・色三味線・二〉
    デジタル大辞泉
  10. 浄瑠璃看板

    江戸時代の歌舞伎劇場で、浄瑠璃の名題や太夫・三味線・配役などを書いた看板。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ