ここから本文です
  1. 津軽三味線

    青森県津軽地方の遊芸人が用いる太棹ふとざおの三味線。厚手の撥ばちで太い一の糸をたたいてリズムをとり、三の糸で装飾音を出す。
    大辞林 第三版
  2. 三味線

    三味線の弦と胴皮の間に挟んで、弦の振動を胴皮に伝えるもの。水牛の角や象牙・べっこうなどで作る。
    デジタル大辞泉
  3. 三味線

    1 口で三味線の伴奏をまねること。くちざみせん。2 口先で相手を巧みにだますこと。しゃみせん。くちざみせん。
    デジタル大辞泉
  4. 三味線

    三味線を伴奏にしてうたう歌。地歌・長唄・荻江節(おぎえぶし)・端唄(はうた)・うた沢・小唄などの歌い物と、浄瑠璃などの語り物がある。
    デジタル大辞泉
  5. 義太夫三味線

    義太夫節の伴奏に使う太棹ふとざおの三味線。
    大辞林 第三版
  6. 三味線

    三味線の胴。花梨(かりん)・欅(けやき)などの少し湾曲した4枚の木片を四角に組み合わせて扁平な枠をつくり、両面に猫または犬の皮を張ったもの。
    デジタル大辞泉
  7. 三味線

    カニクサの別名。
    大辞林 第三版
  8. 三味線

    ⇒ 駒こま④
    大辞林 第三版
  9. 三味線

    ナズナの異名。
    大辞林 第三版
  10. 義太夫三味線

    義太夫節の伴奏に用いる太棹(ふとざお)の三味線。音色が太く低く強い。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ