ここから本文です
  1. 連れ三味線・連三味線

    ① 二人以上で三味線を合奏すること。つれびき。 ② 浄瑠璃・長唄などで三味線を合奏するとき、立三味線を中心にしてそれに合わせてひく他の三味線。また、それをひく人。
    大辞林 第三版
  2. 三味線

    ⇒ しゃみせん(三味線)
    大辞林 第三版
  3. 継ぎ三味線・継三味線

    継ぎ棹にした三味線。
    大辞林 第三版
  4. 三味線・合三味線

    浄瑠璃・長唄などで、一人の太夫や唄方うたかたと常に一緒に演奏する息の合った三味線ひき。
    大辞林 第三版
  5. 三味線

    ① 撥弦はつげん楽器の一。猫皮・犬皮を張った胴に棹さおをつけ、三弦を張ったもの。撥ばちで奏する。棹の太さによって太棹・中棹・細棹があり、太棹は主に義太夫節、中棹は河東節・常磐津ときわず節・清元節・新内節、細棹は長唄・小唄に用いられ、また太棹 ...
    大辞林 第三版
  6. 三味線/合三味線

    浄瑠璃・長唄などで、ある一人の太夫や唄方(うたかた)といつも組んで演奏する三味線奏者。あいさみせん。
    デジタル大辞泉
  7. 三味線

    1 日本の弦楽器の一。四角形で扁平な木製の胴の両面に猫または犬の皮を張り、胴を貫通してのびる棹(さお)に3本の弦を張ったもの。ふつう、いちょう形の撥(ばち)で弾く。棹の太さによって太棹・中棹・細棹に分けられ、調弦法は本調子・二上り・三下りな ...
    デジタル大辞泉
  8. 三味線

    長唄・浄瑠璃などで二人以上の三味線方が演奏する場合の、首席の三味線方。たてざみせん。
    大辞林 第三版
  9. 三味線

    長唄・浄瑠璃などで、二人以上の三味線方が一緒に演奏する場合の、第二席の奏者。立て三味線(首席奏者)の隣に座る。
    大辞林 第三版
  10. 三味線

    ⇒ くちじゃみせん(口三味線)
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ