国語辞典の検索結果

920

  1. 知る

    [動ラ五(四)]1 物事の存在・発生などを確かにそうだと認める。認識する。「おのれの非を―・る」「ニュースで事件を―・った」2 気づく。感じとる。「昨夜の地震は―・らなかった」「―・らずに通り過ぎる」3 物事の状態・内容・価値などを理解する ...
    デジタル大辞泉
  2. 知る

    [動ラ四]実際にしてみて知る。「老の世に恋も―・らぬ人はさぞ」〈落窪・三〉
    デジタル大辞泉
  3. 知る知る知る知る

    《「後漢書」楊震伝から。後漢の楊震が賄賂(わいろ)を断るときに言ったという》他人は知るまいと思っても、天地の神々も、自分も、それをするあなたも知っている。悪事は必ずいつかは露見するものだということ。四知。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

6

  1. 知る

    1 〔認識する〕know どこで会があるか知ってますか|Do you know where we are meeting? 私は何も知りません|I know nothing about it. 知らないうちに会から除名されていた|He wa ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 伺い知る

    tell; guess⇒しる(知る) その会社の内情は外からは伺い知ることができない|One can't tell anything about the inside affairs of that company from the out ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. wooden spoon

    1 (料理用の)木製スプーン.2 ((英))最下位get [take] the wooden spoon|最下位になる.
    プログレッシブ英和中辞典(第4版)

その他の辞典の検索結果

3696

  1. 知る権利

    国の政治に関する情報を、国民が自由に入手する権利(アクセス権)。公権力により妨げられることなく自由に情報を受け取るという消極的自由権的側面と、情報の積極的な提供・公開を国家機関に対して要求するという積極的請求権的側面とをもっている。日本国憲 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 知る権利

    公衆がその必要とする情報を,妨げられることなく自由に入手できる権利をいう。近代憲法は基本的人権の一つとして言論・出版の自由を保障した。しかし,政府権力の拡大強化やマスコミの発達によって,一般市民(公衆)は,重要な情報源から遠ざけられるにいた ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 知る権利

    情報を受け取る権利と情報を求める権利.日本で「知る権利」という用語が登場してきたのは1970年代の初めであり,図書館界においては,1973(昭和48)年の山口県立図書館図書抜き取り放置事件で,告発者の牧師が「図書館は地域住民の知る権利を保障 ...
    図書館情報学用語辞典