国語辞典の検索結果

36

  1. 草草不一

    手紙の末尾に書いて簡略をわびる語。
    大辞林 第三版
  2. 草草不一

    手紙の末尾に添えて、走り書きで十分思いを尽くしていないという意を表す語。
    デジタル大辞泉
  3. 不一・不乙

    一 ( 名 ) 手紙の末尾に書いて、気持ちを十分に書き尽くしていない意を表す語。不具。不悉ふしつ。不尽。不宣。 二 ( 形動 ) [文] ナリ 同じでないさま。 「詩画は-にして両様なりとの根本義を立てた/草枕 漱石」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 不一

    disagreement ((over)); 〔不和〕discord ((among, between)) 事件に関する2人の報告には大きな不一致が見られた|There were great discrepancies in the acc ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

152

  1. 不一不異説

    インド哲学の主流であるベーダーンタ学派で主張された伝統説の一つ。サンスクリットではベーダーベーダバーダbhedābhedavādaという。ベーダーンタ哲学によれば,一切万有は宇宙の根本原理ブラフマンから開展したものであるが,ベーダーンタ学派 ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 不一不異説

    インド哲学において,ブラフマンと個我に関する見解の一つ。差別無差別説ともいう。宇宙の唯一絶対の根本原理ブラフマンと種々雑多な現象界が,ある点では異なり,ある点では同一であると説く立場。著名な学者としてはベーダーンタ学派のニンバールカ,バース ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 不一致熔融

    →分解熔融
    岩石学辞典