国語辞典の検索結果

128

  1. 雛人形

    〘名〙 三月三日の雛祭に飾る人形。内裏雛(だいりびな)およびその他の人形の総称。おひなさま。ひな。《季・春》※御触書寛保集成‐三六・享保六年(1721)五月「一破魔弓 一羽子板 一雛人形同道具類 右之仕形、段々結搆に成候」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 雛人形

    雛祭りに飾る人形。穢けがれや禍わざわいを移して流す人形ひとがたが起源といわれる。平安時代に始まる。江戸時代以降、多く3月3日の桃の節句に飾るようになった。普通、内裏雛・三人官女・五人囃子ばやし・仕丁じちようなどを一組とする。おひなさま。ひな ...
    大辞林 第三版
  3. 雛人形

    雛祭りに飾る人形。形代(かたしろ)が起源ともいわれ、紙製のものが平安時代からみられる。江戸時代に入って布製で公家の正装姿の内裏雛(だいりびな)が現れ、数段の雛段に三人官女・五人囃子(ばやし)・随身(ずいじん)などとともに飾られるようになった ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 雛人形

    a doll (displayed at the Girls' [Dolls'] Festival) ひな人形を飾る|display dolls (on a tiered stand)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

138

  1. 雛人形

    〘名〙 三月三日の雛祭に飾る人形。内裏雛(だいりびな)およびその他の人形の総称。おひなさま。ひな。《季・春》※御触書寛保集成‐三六・享保六年(1721)五月「一破魔弓 一羽子板 一雛人形同道具類 右之仕形、段々結搆に成候」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 雛人形

    雛祭に飾る人形。節供人形ともいう。平安時代には,小さな紙人形でままごと遊びをする〈ひいな〉遊びがあった。またこれとは別に,季節の変り目に神に供御(くご)(飲食物)を供えて身体の安泰を願う信仰があり,それを節供といった。3月上巳(じようし)( ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 雛人形

    雛祭に飾る人形。節供人形。雛人形という名称は江戸時代になって生まれたもの。平安時代にはその前身ともいうべき「ひいな」の遊びがあった。「ひいな」は、小さくかわいい意味の古語で、貴族社会では男女一対の小さな紙人形を用いてままごと遊びなどが行われ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)