辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

19

  1. 赤革

    〘名〙① 赤い色、または、茶色系統の色に染めてある、なめしがわ。※富士野往来(室町初)下「紕二入紺手綱一、竹根鞭、鞭二締赤革一」② 「あかがわおどし(赤革威)」の略。※桂川地蔵記(1416頃)上「鎧者、緋威、小桜綴〈略〉赤糸、赤皮、白綴」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 赤革

    赤く染めたなめし革。また、赤茶系統の色の革。
    大辞林 第三版
  3. 赤革

    〘名〙 鎧の威の一種。茜(あかね)または蘇芳(すおう)で染めた鹿の革による威。あかおどし。革火威。※平家(13C前)四「朽葉(くちば)の綾の直垂(ひたたれ)に、赤皮威の鎧きて」
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

13

  1. 赤革

    〘名〙① 赤い色、または、茶色系統の色に染めてある、なめしがわ。※富士野往来(室町初)下「紕二入紺手綱一、竹根鞭、鞭二締赤革一」② 「あかがわおどし(赤革威)」の略。※桂川地蔵記(1416頃)上「鎧者、緋威、小桜綴〈略〉赤糸、赤皮、白綴」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 赤革

    〘名〙 鎧の威の一種。茜(あかね)または蘇芳(すおう)で染めた鹿の革による威。あかおどし。革火威。※平家(13C前)四「朽葉(くちば)の綾の直垂(ひたたれ)に、赤皮威の鎧きて」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 革緋威

    〘名〙 鎧(よろい)の威毛の一種。薄い緋色の革で威したもの。赤革威(あかがわおどし)。⇔糸緋威(いとひおどし)
    精選版 日本国語大辞典