辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

13

  1. 誣言

    〘名〙 事実をまげて言うこと。作りごとを言うこと。また、そのことば。でたらめ。ざんげん。〔観智院本名義抄(1241)〕※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)八「然るを吝(をし)みて今さらに、云々(かにかく)と論ずるは吭下(のどもと)過ぎて ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 誣言

    〘名〙 (「ふ」は「誣」の慣用音、「ぶ」は漢音。「ぶげん」とも) わざと事実をいつわって言うこと。また、そのことば。誣語。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔墨子‐非儒下〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 誣言

    事実を曲げて言うこと。作りごと。讒言ざんげん。 「君が世にめずらしき-に/浴泉記 喜美子」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

8

  1. 誣言

    〘名〙 事実をまげて言うこと。作りごとを言うこと。また、そのことば。でたらめ。ざんげん。〔観智院本名義抄(1241)〕※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)八「然るを吝(をし)みて今さらに、云々(かにかく)と論ずるは吭下(のどもと)過ぎて ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 誣言

    〘名〙 (「ふ」は「誣」の慣用音、「ぶ」は漢音。「ぶげん」とも) わざと事実をいつわって言うこと。また、そのことば。誣語。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔墨子‐非儒下〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 誣語

    〘名〙 (「ふ」は「誣」の慣用音。「ぶ」は漢音。「ぶご」とも) =ふげん(誣言)
    精選版 日本国語大辞典