辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

309

  1. 語学者

    〘名〙 語学を研究する学者。また、外国語に堪能な人。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「ブ君は名だたる語学者(ゴガクシャ)で」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 行阿

    南北朝時代の歌人・語学者。俗名、源知行(みなもとのともゆき)。曽祖父光行、祖父親行、父義行と代々学者の家系に生まれ、源氏物語の校合を行った。「原中最秘抄」を増補完成、また「仮名文字遣」を著した。生没年未詳。
    デジタル大辞泉
  3. 司馬凌海

    幕末・明治の医者、語学者。本名島倉亥之助。佐渡の人。長崎で蘭医学を修め、平戸で開業、「七新薬」三巻を著わして声名を得た。維新後、医学校三等教授となり、文部大助教にまで累進。語学に秀で、私塾春風社を開いて、ドイツ語を教える。著書「和洋独逸辞典 ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

1534

  1. 語学者

    〘名〙 語学を研究する学者。また、外国語に堪能な人。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「ブ君は名だたる語学者(ゴガクシャ)で」
    精選版 日本国語大辞典
  2. Schmidt,J.(言語学者

    世界大百科事典 第2版
  3. 司馬凌海

    幕末・明治の医者、語学者。本名島倉亥之助。佐渡の人。長崎で蘭医学を修め、平戸で開業、「七新薬」三巻を著わして声名を得た。維新後、医学校三等教授となり、文部大助教にまで累進。語学に秀で、私塾春風社を開いて、ドイツ語を教える。著書「和洋独逸辞典 ...
    精選版 日本国語大辞典