国語辞典の検索結果

36

  1. 計らい

    判断。取り扱い。処置。「粋な計らい」「特別な計らい」
    デジタル大辞泉
  2. 計らい

    ① とりはからい。処置。措置。 「粋いきな-」 ② 考え。配慮。分別。 「信じたてまつらんとも、また、すてんとも、面々の御-なり/歎異抄」
    大辞林 第三版
  3. 取(り)計らい

    取り計らうこと。「適切な取り計らいをする」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 計らい

    〔裁量〕discretion; 〔世話〕((文)) good offices 彼の計らいで|at his discretion お計らいにお任せします|I will leave it to your discretion. これは神のお計ら ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 取り計らい

    arrangement (▼しばしば複数形で) 彼の親切な取り計らいで万事うまくいった|Everything went smoothly 「thanks to [through] his kind arrangements. よろしくお取り ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

119

  1. 計らい方式

    出版情報などをチェックしてから発注するという手間を省くため,収書方針などに照らして,あらかじめ書店に一定の範囲を示し,納品された資料をチェックして採否を決定する資料購入方法.書店側は,その図書館の収集方針や資料の範囲,内容の程度などをよく理 ...
    図書館情報学用語辞典
  2. 計・図

    〘名〙 (動詞「はからう(計)」の連用形の名詞化)① 考え。判断。配慮。分別。※宇津保(970‐999頃)国譲上「ともかくも、皆はからひに有るべき事なるを」※歎異抄(13C後)二「念仏をとりて、信じたてまつらんとも、また、すてんとも、面々の ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 居計

    〘名〙① その場から動かず、頭の中だけで計画を立てること。※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)下「しからずはなんぞすみやかに敵国をほろぼさざる、腰ぬけのゐばからひ」② すわったままで人に指図をすること。※浄瑠璃・本田善光日本鑑(1740)二 ...
    精選版 日本国語大辞典