国語辞典の検索結果

45

  1. 言語道断

    〘名〙 (形動) ことばで表現する道が断たれるの意。① (━する) 仏語。表現する方法がなくなること。深遠な真理はことばで説明できないこと。言語断。※法相二巻抄(1242か)上「実の法性は有とも云ふべからず、空とも云ふべからず、真如とも云ふ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 言語道断

    [名・形動]1 仏語。奥深い真理は言葉で表現できないこと。2 言葉で言い表せないほどひどいこと。とんでもないこと。また、そのさま。もってのほか。「人のものを盗むとは言語道断だ」「言語道断な(の)行い」3 言葉で言いようもないほど、りっぱなこ ...
    デジタル大辞泉
  3. 言語道断

    ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 〔「言葉で説明する道が断たれる」の意から〕 ① 〘仏〙 根本的な真理が言葉で説明しつくせないこと。 ② あまり立派で言葉で言い表しようのないほどであること。 「時々刻々の法施祈念、-の事どもなり/平家 1」 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 言語道断

    言語道断な|〔言いようのない〕unspeakable; 〔ひどい〕outrageous, abominable; 〔不合理な〕preposterous, absurd; 〔許しがたい〕inexcusable, unpardonable 言語 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

37

  1. 言語道断

    本来は仏教語で、「言語に述べるべき道が断たれる」という意をもち、ことばでは表現しがたい奥深い真理をいい、「言語同断」と書くこともある。転じて、話にならない、もってのほかのことという意をもつ。『法華経(ほけきょう)』に、「言語道断、物の拘(こ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 言語道断

    〘名〙 (形動) ことばで表現する道が断たれるの意。① (━する) 仏語。表現する方法がなくなること。深遠な真理はことばで説明できないこと。言語断。※法相二巻抄(1242か)上「実の法性は有とも云ふべからず、空とも云ふべからず、真如とも云ふ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 沙汰外

    〘名〙 (形動) もってのほかのこと。また、そのさま。言語道断。さたのほか。〔日葡辞書(1603‐04)〕
    精選版 日本国語大辞典