辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

61

  1. 規矩

    〘名〙① コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「規矩は、円する者は分廻しするぞ。四方にするは金ぞ」② 動作などが規則正しく行なわれること。※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「博帯繞レ身。規矩 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 規矩

    〔「規」はコンパス、「矩」はものさし〕 人の行動の規準となる手本。規則。 「以前は自分の信念を日常の-としてゐたが/復活 魯庵」 → 規矩準縄じゆんじよう
    大辞林 第三版
  3. 規矩

    1 コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。2 考えや行動の規準とするもの。手本。規則。「詩歌といい、舞踏といい、皆それぞれに―をそなえて」〈逍遥・小説神髄〉3 「規矩術」の略。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

203

  1. 規矩

    〘名〙① コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「規矩は、円する者は分廻しするぞ。四方にするは金ぞ」② 動作などが規則正しく行なわれること。※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「博帯繞レ身。規矩 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 規矩

    規はコンパス,矩は直角定規の意味で,規矩は両者をもとにしてきちんと作図すること,さらには一般的に規則,手本をも意味した。建築では,指矩(さしがね)(曲尺(かねじやく)ともいう)を使い,屋根の小屋組や軒を構成する部材,あるいは部材と部材を接続 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 規矩

    〘名〙 物指、定規、コンパスなどを用いて、建築物の構成や構造部分の意匠を立体幾何学的に求め、実体の上に割り付け、作図する方法。和算の勾殳玄(こうこげん)を応用したもので、主として曲尺(かねじゃく)を用い、扇棰(おうぎだるき)の割り付け、軒反 ...
    精選版 日本国語大辞典