国語辞典の検索結果

1745

  1. 遣・使

    〘名〙① 蛇を腕や体にからみつけさせたりして自由にもてあそび、それを人に見せて銭を乞う者。また、そのみせ物。※仮名草子・尤双紙(1632)上「うるさき物のしなじな〈略〉へひつかひ」② なまけ者。ぬらくら者。※談義本・教訓雑長持(1752)三 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① へび。おろち。うわばみ。 「鬼が出るか-が出るか」 ② 大酒飲み。蛇之助じやのすけ。 「どちらへ似ても-の子孫/浄瑠璃・淀鯉 上」 [句項目] 蛇が蚊を吞んだよう ・ 蛇の道は蛇 ・ 蛇は一寸にして人を吞む
    大辞林 第三版
  3. の道は

    同類の者は互いにその社会、またその方面のことに通じているということのたとえ。※俳諧・毛吹草(1638)二「じゃのみちはへびがしる」※半七捕物帳(1923)〈岡本綺堂〉鷹のゆくへ「お前さんが手伝って下されば、蛇(ジャ)の路(ミチ)は蛇(ヘビ) ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

26

  1. a snake; 〔大蛇〕a serpent 蛇の (ような)|snaky; serpentine 彼は蛇にかまれて死んだ|He died of snakebite. 蛇の抜け殻|the castoff skin of a snake; a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 蛇の道はへび|((諺)) A devil knows one of its own./Set a thief to catch a thief. (▼おどけて使うことも多い)/It takes one to know one.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 水蛇座|〔星座〕the Water Snake; Hydrus
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3597

  1. 遣・使

    〘名〙① 蛇を腕や体にからみつけさせたりして自由にもてあそび、それを人に見せて銭を乞う者。また、そのみせ物。※仮名草子・尤双紙(1632)上「うるさき物のしなじな〈略〉へひつかひ」② なまけ者。ぬらくら者。※談義本・教訓雑長持(1752)三 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. の道は

    同類の者は互いにその社会、またその方面のことに通じているということのたとえ。※俳諧・毛吹草(1638)二「じゃのみちはへびがしる」※半七捕物帳(1923)〈岡本綺堂〉鷹のゆくへ「お前さんが手伝って下されば、蛇(ジャ)の路(ミチ)は蛇(ヘビ) ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 ヘビ。じゃ。※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「繊(ほそ)き蛇(ダ)の」
    精選版 日本国語大辞典