辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

17

  1. 粗削り・荒削り

    ( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ ① 木などを大まかに削ること。また、そのもの。 「 -した材木」 ② まだ十分仕上がっていないこと。十分ねりみがかれていないこと。また、そのさま。 「 -の魅力」 「まだ-なチーム」 「 -だが有望な ...
    大辞林 第三版
  2. 粗削り/荒削り

    [名・形動](スル)1 木などをざっと削ること。また、そのもの。「―した材木」2 物事の質や内面などが洗練されていないこと。仕事の出来上がりなどが大まかなこと。また、そのさま。「―の新人選手」「―な原稿」
    デジタル大辞泉
  3. 粗削・荒削

    〘名〙 (形動)① 木などを、大ざっぱに削り、細かい仕上げをしてないこと。また、そのさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕※草枕(1906)〈夏目漱石〉二「あら削りの柱の如く聳えるのが天狗岩ださうだ」② 十分ねり磨かれていないこと。野性的で洗 ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

35

  1. 粗削・荒削

    〘名〙 (形動)① 木などを、大ざっぱに削り、細かい仕上げをしてないこと。また、そのさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕※草枕(1906)〈夏目漱石〉二「あら削りの柱の如く聳えるのが天狗岩ださうだ」② 十分ねり磨かれていないこと。野性的で洗 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 醜の木

    荒削りで丈夫な木材。※浄瑠璃・出世景清(1685)四「長さ一丈に取らせ地へは七尺掘り入れ上三尺の詰牢(つめらう)に、しこの木をもって蜘蛛手格子に切組んで」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 栴檀橋

    (佐賀県佐賀市)「選奨土木遺産」指定の地域遺産。1924(大正13)年竣工。荒削りの石柱20本に支えられた最大級の石桁橋。市内を潤している多布施川に架かり、近くの神野公園の風景にも溶け込んでいる
    事典 日本の地域遺産