国語辞典の検索結果

204

  1. 聴覚

    音を感じる感覚。昆虫類と脊椎動物にみられ、後者のうち鳥類・哺乳類では、音波が鼓膜を振動させることに始まり、内耳の渦巻管に達することで生じる。
    大辞林 第三版
  2. 聴覚中枢

    聴覚をつかさどる神経中枢。大脳半球の皮質、側頭葉の上面にある。
    大辞林 第三版
  3. 聴覚

    音を感じる感覚。空気中の音波の刺激を受けて生じ、発音する脊椎動物と昆虫にのみ発達。哺乳類では外耳から入った音が鼓膜や耳小骨などを経て感覚神経に伝えられる。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 聴覚

    (the sense of) hearing 年を取って聴覚が衰えてきた|My hearing is beginning to fail with age. 彼は聴覚が鋭い[鈍い]|He has good [poor] hearing./H ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 聴覚

    (the senses of) seeing and hearing 視聴覚機器|audiovisual aids 視聴覚教育[教材]|audiovisual education [aids] 視聴覚障害|((have, suffer fr ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

710

  1. 聴覚

    ある範囲の周波数の音の刺激によって生じる感覚で,視覚が利用できない暗やみや森林,草むらの中で生活する動物にとっては,遠く離れた周囲の状況を知るのに重要な感覚である。例えば動物は,迫ってくる危険を避けたり,種内の交信,雌雄の求愛,交尾などに聴 ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 聴覚

    聴覚は音響刺激によっておこる感覚であって、音響を媒介として、身体より隔たったところのできごとを認知することができる。音響は空気の疎密波であり、外耳、中耳はこの音波を内耳に伝導するための装置である。普通、音波は外耳、中耳を経て内耳に達する(こ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 聴覚

    ある範囲内の周波数の音波が鼓膜に作用し,その興奮が聴神経を経て大脳皮質の聴覚中枢に伝えられることによって生じる感覚をいう。音波が耳に入ると鼓膜の振動が起る。この振動は中耳を経て内耳の蝸牛にある基底板および有毛細胞に伝わり,有毛細胞が興奮する ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
聴覚をYahoo!サービスで再検索:
ニュース