辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

4

  1. 縦横無尽

    [名・形動]どの方面にも限りがないこと。物事を思う存分にすること。また、そのさま。「縦横無尽な(の)活躍ぶり」
    デジタル大辞泉
  2. 縦横無尽

    ( 名 ・形動 ) 自由自在に物事を行うさま。思うぞんぶん。 「 -に臆せず萎ひるまず/いさなとり 露伴」
    大辞林 第三版
  3. 無尽

    1 尽きるところがないこと。限りがないこと。「縦横無尽」2 口数を定めて加入者を集め、定期に一定額の掛け金を掛けさせ、一口ごとに抽籤または入札によって金品を給付するもの。→頼母子講(たのもしこう)
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

24

  1. すすめロボケット

    藤子・F・不二雄による漫画作品。主人公の少年と相棒のロボケットが縦横無尽に繰り広げる活躍を描く。小学館の学年誌などで1962年~1965年に連載された。小学館藤子・F・不二雄大全集全3巻。第8回(1962年)小学館漫画賞受賞。
    デジタル大辞泉プラス
  2. 三銃士

    デュマ(父)の歴史小説。《Les trois mousquetaires》。1844年作。ガスコーニュ出身の青年剣客ダルタニャンが偶然の決闘から知り合った近衛(このえ)三銃士とともに,時の宰相リシュリューの陰謀を打ち砕くべく縦横無尽に活躍す ...
    百科事典マイペディア
  3. 彗星の使者(ジークフリート)

    野田秀樹による戯曲。ワーグナーの歌劇「ニーベルングの指輪」をモチーフとする“石舞台星七変化(ストーンヘンジ)3部作”の第2作。トム・ソーヤと1字違いの少年、トブ・ソーヤが空を飛ぶコツを捜して縦横無尽に時空を駆ける物語。1985年6月、自身の ...
    デジタル大辞泉プラス