辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

16

  1. 絹張

    〘名〙① 絹布を洗い張りすること。また、籡張(しんしばり)で、布をたてに引っ張るために、その両端につけた木の棒。布を洗い張りするとき、ひもをつけて立木や杭に結びつけ、皺(しわ)をのばし幅を整えるため、布の両端につけて引っぱる。〔色葉字類抄( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 絹張り絹張

    ① 絹布を物の表面に張ること。また、張ったもの。 「 -の屛風」 ② 絹布を洗い張りする時、その両端につけて引っ張ってしわをのばすための木の棒。 ③ スズキ目の海魚。ハゼ類の一種。全長11センチメートルほど。地色が黄色、もしくは帯紫色で、体 ...
    大辞林 第三版
  3. 絹張り

    1 絹布を張って作ること。また、そうしたもの。「絹張りの日傘」2 絹布を洗い張りすること。また、そのための伸子(しんし)や板。3 ハゼ科の海水魚。全長11センチくらいで、黄赤色の地に黒褐色の横帯が6、7本ある。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

19

  1. 絹張

    〘名〙① 絹布を洗い張りすること。また、籡張(しんしばり)で、布をたてに引っ張るために、その両端につけた木の棒。布を洗い張りするとき、ひもをつけて立木や杭に結びつけ、皺(しわ)をのばし幅を整えるため、布の両端につけて引っぱる。〔色葉字類抄( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 絹張

    学名:Pterogobius elapoides動物。ハゼ科の海水魚
    動植物名よみかた辞典 普及版
  3. キヌバリ(絹張)

    スズキ目ハゼ科の海産魚(イラスト)。東北以南にふつうに見られる。神奈川県三崎ではキノバルと呼ばれる。体色が美しいところから絹張の名を与えられた。体色は桃色がかった淡灰色で,眼を通る1条を含めて体側に黄色に縁取られた6~7条の垂直な黒褐色横帯 ...
    世界大百科事典 第2版