辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

18

  1. 疑心暗鬼

    「疑心暗鬼を生ず」の略。 「 -になる」
    大辞林 第三版
  2. 疑心暗鬼

    〘名〙 (「ぎしん(疑心)暗鬼を生ず」の略) 疑心があるために、何でもないつまらないことまで、恐ろしく感じたり疑ったりすること。※落紅(1899)〈内田魯庵〉「疑心暗鬼(ギシンアンキ)の譬喩(たとへ)で怪しい素振が全然(まるきり)無いでもな ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 疑心暗鬼

    「疑心暗鬼を生ず」の略。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

18

  1. 疑心暗鬼

    〘名〙 (「ぎしん(疑心)暗鬼を生ず」の略) 疑心があるために、何でもないつまらないことまで、恐ろしく感じたり疑ったりすること。※落紅(1899)〈内田魯庵〉「疑心暗鬼(ギシンアンキ)の譬喩(たとへ)で怪しい素振が全然(まるきり)無いでもな ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 疑心暗鬼を生ず

    (「列子鬳斎口義‐説符篇」の「人有亡鈇者」章に「此章猶四諺言三疑心生二暗鬼一也」とあるのによる。心に疑いをもっていると、暗やみの中に、ありもしない鬼の形を見たりするの意から) 疑う心があると、何でもないことまで、恐ろしく思えたり、疑わしく思 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 疑心暗鬼を生ず

    疑いの心が暗闇に鬼を生じさせる。疑心があると何でもないものまで恐ろしくなるという意味。「疑心」と「暗鬼」は類義語のように認識されるが、本来は「疑心が暗鬼を生む」。
    とっさの日本語便利帳