国語辞典の検索結果

275

  1. 甲斐

    [語素]《名詞「かい(甲斐)」から》1 動詞の連用形や動作性の名詞などに付いて、その行為をした効果・効験の意を表す。「生き甲斐」「働き甲斐」2 主として人間関係を表す名詞に付いて、その人間関係の効果を発揮する意を表す。…としてのよしみ。「友 ...
    デジタル大辞泉
  2. 甲斐ヶ嶺/甲斐ヶ根

    甲斐にある高山。赤石山脈の主峰、白根山のこと。甲斐の白根。[歌枕]「―をさやにも見しが心(けけれ)なく横ほり伏せるさやの中山」〈古今・東歌〉
    デジタル大辞泉
  3. 甲斐

    ⇒甲斐
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

9

  1. 甲斐

    こういう知らせなら待ったかいがあった|This news was well worth waiting for. 努力のかいがあって一等になった|His efforts were fully rewarded, for he won the ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 遣り甲斐

    やりがいのある仕事|work worth doing こんな仕事やりがいがないね|I'm only wasting my time doing such work. 無能な上司の下では仕事のやりがいがない|Having an incompe ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 話し甲斐

    彼なら話し甲斐があると思う|I think it would be helpful if you spoke to him. あの人たちでは話し甲斐がない|It's no use talking to them.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1942

  1. 甲斐

    → 甲斐絹
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 甲斐

    先染絹織物の一種。海気,改機,海黄とも書く。南蛮船によって渡来した裂(きれ)をもとに寛文年間(1661‐73),甲斐国(山梨県)の郡内地方で創製したのが始まり。郡内海気とか甲州海気の名もある。明治,大正から昭和初期を全盛期とし羽尺,コート, ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 甲斐

    旧国名。甲州。東海道に属する上国(《延喜式》)。現在の山梨県。【古代】 古墳時代の甲斐は,前期には曾根丘陵地帯に銚子塚古墳(中道町)などいくつかの前方後円墳が出現し,後期には分布地域が広がり,姥塚(うばづか)(御坂町),加牟那塚(甲府市)な ...
    世界大百科事典 第2版
甲斐をYahoo!サービスで再検索:
ニュース
リアルタイム