辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

41

  1. 焚書

    〘名〙 学問や言論圧迫の手段として書物を焼きすてること。→焚書坑儒。※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉五「告発されて、焚書(フンショ)に処せられるという事件も起った」 〔史記‐儒林伝〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 焚書

    書物を焼きすてること。思想弾圧の手段として、異端の書とされたものについて行われた。
    大辞林 第三版
  3. 焚書

    明の李贄りしの詩文集。1590年初版、1600年増補版。六巻。書簡や評論文の中で官僚を批判、儒教に反逆する異端の書とされた。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

87

  1. 焚書

    〘名〙 学問や言論圧迫の手段として書物を焼きすてること。→焚書坑儒。※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉五「告発されて、焚書(フンショ)に処せられるという事件も起った」 〔史記‐儒林伝〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 焚書

    政治権力による思想・言論統制策の一つで,書物にもられた思想を禁圧し,その流通,伝播を防止するために,公開の場で当該の書物を焼き捨てる行為,儀式をいう。秦の始皇帝が行ったと伝える〈焚書坑儒〉は史上名高い。思想の生産者とその生産物(手写本)とを ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 焚書

    書物を焼却すること.特に,書物に記された思想を禁圧し,その流通,伝播を抑止する目的で,為政者,権力者が公開の場で当該書物を焼却する行為,儀式.秦の始皇帝の焚書坑儒(前213)以来,ナチスドイツの焚書(1933),中国文化大革命の焚書(196 ...
    図書館情報学用語辞典