辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

7

  1. 温故知新

    〔論語 為政〕 昔の事を調べて、そこから新しい知識や見解を得ること。ふるきをたずねて新しきを知る。
    大辞林 第三版
  2. 温故知新

    《「論語」為政から》過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。[補説]「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。「温」を「あたためて」と読む説もある。なお、「温古知新」と書くのは誤り。
    デジタル大辞泉
  3. 温故知新

    室町時代の国語辞書。三冊。大伴広公編。1484年成立。約一万二千語を頭音によって五十音の各部に分け、さらに乾坤けんこん・時候など一二門に分ける。最古の五十音引き国語辞書。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

12

  1. 温故知新書》

    世界大百科事典 第2版
  2. 温故知新

    古きをたずねて新しきを知る。先人の知恵に学ぶこと。
    とっさの日本語便利帳
  3. 温故知新

    大伴広公著。3冊。文明 16 (1484) 年成立。現存最古の五十音引きの国語辞書。ただし,見出しの文字は梵字で書かれている。内容上は『節用集』に似る。
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典