国語辞典の検索結果

43133

  1. ( 名 ・形動ナリ ) ① いつわりでない・こと(さま)。ほんとう。まこと。真実。 「そりや-でござんすか/浄瑠璃・先代萩」 ② 本式。正式。 「ハジメテ-ニ束帯ウタガ/天草本平家 3」
    大辞林 第三版
  2. ・麁

    漢文の本で、訓点や注釈のない白文だけのもの。白本。すほん。
    大辞林 第三版
  3. ・噺

    江戸時代、笑い話を集めた書物の総称。軽口本・落咄本などがある。半紙本から小本まで多様で、「醒睡笑」「鹿の巻筆」など多数が出版された。
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

193

  1. 1 〔付け根,根元〕the base ((of a tree)) 葉柄の本|the butt (of a petiole) 2 〔物事の根本〕 すべて本を正さねばならない|Everything must be corrected from ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 1 〔書物〕a book 科学の本|a scientific book/a book on science 単に本から得た知識|mere book learning/knowledge gained only from books 彼女はた ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 〔数える語〕 えんぴつ[帯]2本|two pencils [sashes] 5本の映画|five films チョーク[ビール]3本|three 「pieces of chalk [bottles of beer]
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

291436

  1. ⇒本(ほん)〔八女市〕 ⇒本(ほん)〔糸島市〕
    日本の地名がわかる事典
  2. 書物。情報伝達のために,文字や絵を用いて記録したもの。印刷術発明以前は粘土板,パピルス,木片,竹片,羊皮などに書いた。形も巻物,折り本を経て現在の装丁本となった。印刷,出版,雑誌,製本,装丁の項目も参照。
    百科事典マイペディア
  3. 本は書物,図書とも呼ばれ,最も歴史が長い情報伝達の媒体である。形態的には,自然のままの(たとえば木の葉や竹),または加工した物質的材料(たとえば羊の皮,紙)を選び,その上へ文字や図を筆写または印刷したものを有機的に配列し,保存・運搬に適する ...
    世界大百科事典 第2版
をYahoo!サービスで再検索:
画像
知恵袋