国語辞典の検索結果

4

  1. 明鏡止水

    《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」
    デジタル大辞泉
  2. 明鏡止水

    〔荘子 徳充符〕 くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄みきっていること。 「 -の心境」
    大辞林 第三版
  3. 止水

    1 流れないでじっととどまっている水。たまり水。「明鏡止水」2 水の流れを止めること。「止水栓」→吐水
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 明鏡止水

    明鏡止水の心境といったところです|My mind [mental state] is as serene as a polished mirror (and still water).
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

2

  1. 明鏡止水

    長野の日本酒。酒名は、澄みきって乱れがない心の状態を表す成句で、これに目指す酒質を重ねて命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成7、8、11~13、17、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦、山 ...
    [日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション
  2. 明鏡止水(めいきょうしすい)

    長野県、大澤酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。
    デジタル大辞泉プラス