辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

20

  1. 日英同盟

    明治三五年(一九〇二)、日本・イギリス間に結ばれた攻守同盟条約。極東進出をはかるロシアを牽制し、中国における日本・イギリス両国の利益を擁護するために結ばれた。締結国の一方が二国以上と交戦の際は、他方が参戦の義務を負うと規定。日本が第一次世界 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 日英同盟

    1902年(明治35)日本・イギリスがロシアの東アジア進出を牽制けんせいし、中国・朝鮮における両国の権益の保護のためロンドンで結んだ同盟。21年(大正10)ワシントン会議における四か国条約により、翌年廃棄。
    大辞林 第三版
  3. 日英同盟

    明治35年(1902)日本と英国との間に結ばれた同盟条約。ロシアのアジア進出の牽制(けんせい)を目的とし、一方の締結国が2国以上と戦争状態に入った時には他方の締結国も参戦することを協約した。日本の第一次大戦参戦の根拠ともなったが、大正11年 ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

108

  1. 日英同盟

    最初はロシア、のちドイツを対象とした日本とイギリスの軍事義務を伴う同盟。1902年(明治35)1月30日成立(第一次協約)。以後、第二次、第三次と継続更新されたのち、1923年(大正12)8月17日の日本、アメリカ、フランス、イギリスによる ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 日英同盟

    明治三五年(一九〇二)、日本・イギリス間に結ばれた攻守同盟条約。極東進出をはかるロシアを牽制し、中国における日本・イギリス両国の利益を擁護するために結ばれた。締結国の一方が二国以上と交戦の際は、他方が参戦の義務を負うと規定。日本が第一次世界 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 日英同盟

    1902年から23年まで継続した日本とイギリスの間の攻守同盟条約。日本が朝鮮,中国に勢力拡大をはかるに際し,北方の帝政ロシアに対抗するため,東アジアにおけるイギリスの勢力を利用する傾向は,すでに日清戦争のときにみられる。イギリスもまたアジア ...
    世界大百科事典 第2版