辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

28

  1. 教育勅語

    日本帝国の教育の基本理念を示した「教育に関する勅語」をいう。明治二三年(一八九〇)発布され、古来天皇は徳をもって統治してきたことを述べ、国民の守るべき徳目を掲げ、「一旦緩急あるときは義勇公に奉ずる」のが本分であることを強調した。第二次世界大 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 教育勅語

    日本の教育の基本方針を示した明治天皇の勅語。1890年(明治23)10月30日発布。忠君愛国を国民道徳として強調した。第一回帝国議会の開会直前に発布、学校教育を通じて国民に強制され、天皇制の精神的・道徳的支柱となった。1948年(昭和23) ...
    大辞林 第三版
  3. 教育勅語

    明治天皇の名のもとに、明治23年(1890)10月30日に発せられた「教育ニ関スル勅語」。教育の根本を皇祖皇宗の遺訓に求め、忠孝の徳を国民教育の中心に据えた。昭和23年(1948)、国会でその失効および排除を決議した。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

131

  1. 教育勅語

    天皇制国家の思想、教育の基本理念を示した勅語。教育に関する勅語ともいう。1890年(明治23)10月30日発布。「教学聖旨(きょうがくせいし)」の起草(1879)や「幼学綱要(ようがくこうよう)」の頒布(1882)など、自由民権運動や文部省 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 教育勅語

    日本帝国の教育の基本理念を示した「教育に関する勅語」をいう。明治二三年(一八九〇)発布され、古来天皇は徳をもって統治してきたことを述べ、国民の守るべき徳目を掲げ、「一旦緩急あるときは義勇公に奉ずる」のが本分であることを強調した。第二次世界大 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 教育勅語

    正確には「教育ニ関スル勅語」。国民道徳の基本を示し,教育の根本理念を明らかにするために,1890年 10月 30日に発布された。本文は 315字,内容的に3つの部分から成っている。前段では,肇国以来歴代天皇が道徳の形成に努め,国民が忠義,孝 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典