国語辞典の検索結果

32

  1. 教条

    〘名〙① 法規。また、学ぶものの守るべき条規。〔韓愈‐司徒許国公神道碑〕② 教会が公認した教義。また、その箇条。ドグマ。※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「特殊な偏執の信仰を持っていてその教条に忠実になろうとつとめて ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 教条

    教会が公認した教義。また、それを箇条として表現したもの。ドグマ。
    大辞林 第三版
  3. 教条

    教会が公認した教義。また、その教義の箇条。ドグマ。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 教条

    a tenet (of faith); a doctrine; 〔しばしば教会が正式に示した〕a dogma 教条主義|doctrinairism; dogmatism
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

141

  1. 教条

    〘名〙① 法規。また、学ぶものの守るべき条規。〔韓愈‐司徒許国公神道碑〕② 教会が公認した教義。また、その箇条。ドグマ。※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「特殊な偏執の信仰を持っていてその教条に忠実になろうとつとめて ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 教条主義

    〘名〙① 宗教上の教義、教条に基づいて世界の事象を説明しようとする態度。中世のスコラ哲学などに代表される。② 特にマルクス主義において、歴史的情勢を無視し、その原則論をかたくなに守ろうとする公式主義をいう。※現代史の課題(1956)〈亀井勝 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 教条主義

    ドグマティズムdogmatismの訳語で,元来,科学的証明なしに,ドグマ(宗教上の教義や教条)にもとづいて〈世界の事象〉を説明することをいう。歴史的には一般に中世のスコラ学が代表的なものといわれる。無批判的な独断にもとづくという意味で独断主 ...
    世界大百科事典 第2版