国語辞典の検索結果

31

  1. 摘み取る・摘取る

    ( 動ラ五[四] ) ① 植物の実や芽を、指先でつまんで取る。 ② 大きくなる前に取り除く。 「悪の芽を-・る」 「可能性を-・る」 [可能] つみとれる
    大辞林 第三版
  2. 摘み取る/撮み取る

    [動ラ五(四)]指先などでつまんでとる。「雑草を―・る」
    デジタル大辞泉
  3. 摘(み)取る

    [動ラ五(四)]1 植物の芽・葉・実などを指先でつまんで取る。「新茶を―・る」2 大きく育つ前に取り除く。「悪の芽を―・る」「古い体制が若い才能を―・る」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 摘み取る

    上着の糸くずをつまみ取ってあげた|I picked a piece of lint off his jacket.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 摘み取る

    pick⇒つむ(摘む) お茶の葉を摘み取る|pick tea leaves 子供が花のつぼみを摘み取っている|A child is pulling off the buds. 悪の芽をつぼみのうちに摘み取る|nip evil in the ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

35

  1. 摘取

    〘他ラ五(四)〙① 植物の実や芽などを指先でつまんで取る。※俳諧・玉海集(1656)一「摘とりて手にすへあぐるたかな哉〈云成〉」② 文や話の要点を抜きとる。※志都の岩屋講本(1811)下「此の養生のことは外国の説どもを摘み取って綴(つづ)り ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 撮取・摘取

    〘他ラ五(四)〙① 小さなものなどを指先でつまんでとる。※銀二郎の片腕(1917)〈里見弴〉「その滓を摘(ツマ)み取って」② えらんでとる。よりどる。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 穂刈

    〘名〙 稲の穂部だけを摘み取る収穫方法。
    精選版 日本国語大辞典