国語辞典の検索結果

462

  1. 推理

    〘名〙① 伝統的論理学で、既知の判断(前提)から、新しい判断(結論)をみちびくこと。前提が一つの場合は直接推理、二つ以上の場合は間接推理といい、直接推理は、判断の変形によるものと、対当関係によるものとがある。間接推理は普通、三段論法と称され ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 推理

    ( 名 ) スル ① ある事実をもとにして、他の事をおしはかること。 「 -を働かせる」 「犯人を-する」 ② 〘論〙 〔reasoning; inference〕 あらかじめ与えられた何らかの前提から新しい結論を論理的に導き出す働き。演繹 ...
    大辞林 第三版
  3. 推理

    [名](スル)1 ある事実をもとにして、まだ知られていない事柄をおしはかること。「いくつかの条件から問題を推理する」2 論理学で、前提から結論を導き出す思考作用。前提が一つのものを直接推理、二つ以上のものを間接推理という。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 推理

    〔推論〕(an) inference; 〔論理的な推理〕reasoning; 〔演えき的な推理〕deduction 推理する|〔推論する〕infer ((from)); 〔論理的に考えて〕reason; 〔事実や仮説から〕deduce (( ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

2379

  1. 推理

    一般的には,いくつかの前提命題A1,……,An(n≧1)からある一つの結論命題Bを導き出すことを推理(推論reasoning)といい,演繹的推理(または論理的推理)と帰納的推理がその代表的な例であるといえる。しかし厳密な意味での〈推理〉とし ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 推理

    〘名〙① 伝統的論理学で、既知の判断(前提)から、新しい判断(結論)をみちびくこと。前提が一つの場合は直接推理、二つ以上の場合は間接推理といい、直接推理は、判断の変形によるものと、対当関係によるものとがある。間接推理は普通、三段論法と称され ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 推理

    手元にある証拠をもとにして、未来のこと、あるいはまだ真相がよくわかっていないことなどを推し量ること。だが、その際、直観的な飛躍に頼ることが多いものは、普通、推理の典型的なものとは考えられない。論証によってその正しさを示すことができるものが代 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)