辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

6

  1. 推尊

    〘名〙 すぐれているとしてとうとぶこと。※日本詩史(1771)序「推尊之甚比二之神聖一」※自由太刀余波鋭鋒(1884)〈坪内逍遙訳〉一「輿論が彼を推尊して、自由の恢復を熱望し、窃かに義挙を催(うな)がす如く」 〔麻九疇‐跋范寛秦川図詩〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 推尊

    ( 名 ) スル すぐれているとしてうやまうこと。 「輿論が彼を-して/自由太刀余波鋭鋒 逍遥」
    大辞林 第三版
  3. 推尊

    [名](スル)あがめ尊ぶこと。「文三をば―していて」〈二葉亭・浮雲〉
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

7

  1. 推尊

    〘名〙 すぐれているとしてとうとぶこと。※日本詩史(1771)序「推尊之甚比二之神聖一」※自由太刀余波鋭鋒(1884)〈坪内逍遙訳〉一「輿論が彼を推尊して、自由の恢復を熱望し、窃かに義挙を催(うな)がす如く」 〔麻九疇‐跋范寛秦川図詩〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 推重

    〘名〙 すぐれたものとして、とうとび重んずること。推尊。※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉内篇「先識有為の士は勿論一時好奇の徒、皆江川等を推重し」※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「小説其物の価値を認めたわけでなくて作家の人物を推重(スヰ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 太極図説

    中国,宋代の思想家周敦頤の著。宇宙間のすべての物 (現象) は無規定で,しかも唯一の「太極」を根源とし,背反,矛盾,調和,累積などの陰陽二気と五行の錯綜によって万物が生成するという世界観とその思弁的理法とを体系化し,図式化した「太極図」につ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典