辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

6

  1. ネットワークトポロジー

    コンピューターやサーバー、各種制御機器などで構成されるコンピューターネットワークの接続形態。代表的な接続形態として、スター型ネットワーク、リング型ネットワーク、バス型ネットワークがあり、これらを多層的または複合的に組み合わせて、実際のネット ...
    デジタル大辞泉
  2. スター型ネットワーク

    コンピューターの周辺機器の接続形態の一。中心となる機器に対し、複数の周辺機器を集中して接続する。スター型接続。スター型。星形接続。
    デジタル大辞泉
  3. リング型ネットワーク

    コンピューターネットワークの接続形態の一。1本の環状のケーブルに複数の端末や周辺機器を接続する。リング型。リング型接続。環状接続。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

10

  1. トポロジー

    元々は位相幾何学の意味であるが、パソコン用語としては、LANの接続形態の総称。ネットワークトポロジーとも呼ばれる。LANには接続形態によって、リング型やバス型、スター型などがあり、接続する機器によって用途や目的に合った接続形態を使用する必要 ...
    ASCII.jpデジタル用語辞典
  2. スター接続

    ネットワークにおけるノード接続形態の一種。中心のノードまたはハブから放射状にノードが接続されているため、トポロジが星形をしている。AT&TのStarLAN、10BASE-Tなどがその例。他の接続形態に、リング接続、ツリー接続、バス接続などが ...
    ASCII.jpデジタル用語辞典
  3. FC-AL

    Fibre Channelの接続形態のひとつで、機器をループ状に接続するもの。高速性と耐故障性に優れ、サーバー向けハードディスクの接続に使われる。
    ASCII.jpデジタル用語辞典