国語辞典の検索結果

1362

  1. 接する

    ( 動サ変 ) [文] サ変 せつ・す 一 (自動詞) ① 二つの物が間をおかずに隣り合う。 「空と海とが-・する」 ② 物事に出合う。でくわす。 「急報に-・する」 ③ 物事に触れる。 「芸術に-・する」 「機会に-・する」 ④ 人に会う ...
    大辞林 第三版
  2. 接する

    [動サ変][文]せっ・す[サ変]1 ひと続きにつながる。また、つないでひと続きにする。「川に―・する住宅地」「上下を―・する」2 さわる。触れる。「肩が―・する」3 応対する。「笑顔で人に―・する」4 出会う。出くわす。「名作に―・する」「 ...
    デジタル大辞泉
  3. 踵を接する

    ① (人々のかかとが接するくらいに)多数の人が引き続いて来る。踵をつぐ。きびすを接する。 ② 物事が引き続いて起こる。きびすを接する。
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 接する

    I 1 〔隣り合う〕be close ((to)) 国境に接する地帯|the area close to the border 道路に接する地所|a lot fronting on a road 倉庫が軒を接している通り|a street ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

6700

  1. 警策に接する

    仏教などで、師の教えを受けることをいう。※高山樗牛に与ふ(1902)〈与謝野鉄幹〉「三師と時を同じうし、一たび各々其竦絶の警策に接することを得たり」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 謦咳に接する

    尊敬する人に、直接話を聞く。直接、お目にかかる。面会すること、会うことの敬称。※馬骨先生に答ふ(1902)〈登張竹風〉「十九世紀紀季の一大偉人の謦咳(ケイガイ)に接することを得」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [1] 〘自サ変〙 せっ・す 〘自サ変〙① 物が他の物と触れ合って一続きにつながる。接続する。また、接近する。※玉塵抄(1563)七「楊損と云者、宰相の路岩と云と家がとなりあわにして接したぞ」※少年の悲哀(1902)〈国木田独歩〉「見ると戸 ...
    精選版 日本国語大辞典