辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 掛袱紗

    〘名〙 他人に贈る進物や貴重品などの上にかける、ふくさ。地質の厚いものが使われる。表と裏とは別布のことも、同布を用いることもある。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 掛け袱紗

    進物や貴重品の上に掛ける袱紗。綴(つづ)れ織りなどの上質な織物で作る。
    デジタル大辞泉
  3. 袱紗・服紗・帛紗

    〘名〙① 糊(のり)を引いてない絹。やわらかい絹。略儀の衣服などに用いた。また、単に、絹。ふくさぎぬ。※枕(10C終)二八二「狩衣は、香染の薄き。白き。ふくさ。赤色。松の葉色」② 絹や縮緬(ちりめん)などで作り、紋様を染めつけたり縫いつけた ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

6

  1. 掛袱紗

    世界大百科事典 第2版
  2. 掛袱紗

    〘名〙 他人に贈る進物や貴重品などの上にかける、ふくさ。地質の厚いものが使われる。表と裏とは別布のことも、同布を用いることもある。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 袱紗

    帛紗,服紗とも。羽二重,縮緬(ちりめん)などでつくった方形の布。単(ひとえ)と袷(あわせ)の2種。点前(てまえ)のとき茶具をぬぐう茶袱紗,進物などの上に掛ける掛袱紗などがある。
    百科事典マイペディア